ぷっぷコラム

ねふ日記帳

follow us in feedly

さとやま(U・ω・)

日曜、高知県のうずまき舎さんが出張販売をされてるラフディップさんに行ってきました。今月号のGAJAという雑誌の特集に載ってていいなーという話になり、たまたま高知の日曜市に行こうかなどと以前から旦那せんせいと話していたこともあって出かけてきましたです(U・ω・)

f:id:naef_spiele:20140914141040j:plain

f:id:naef_spiele:20140914143230j:plain

ラフディップさんの場所はアンパンマンミュージアムの近くで、山と水田に囲まれた綺麗なとこなのです。私の住んでるエヒーメも山と水田がモリモリある場所なのですけど、なんでしょうか。高知の山村は景色がなんだか綺麗な場所が多いのです。高知の山間は山の谷間のような場所で北に日差しを受けて緑色の山。そこを見上げると斜面に家や田んぼが見えるのがキレイなのですな。静岡っぽい感じといいますか。

そのラフディップさんのギャラリーは、窓を開けて外から秋の空気がどんどん流れ込んでくるような場所で、後ろで音楽が流れる中でまったり本なぞ見て、はたまたかき氷を食べて過ごすのは気持ちのよい時間でした(U・ω・)風が吹き込んできたなーと思って外を見れば、ざざざっと田んぼの向こうの方まで揺れている。その時間の感覚は、アンパンマンミュージアムの立地なんかも合わせて見ていて、前に行った静岡のねむの木学園の美術館を思い出したです。

  

来た人を気持ちよく迎えてくれてたうずまき舎さん。お会計をしながらお喋りをしたところ、当のうずまき舎さんの建物はそのラフディップさんのギャラリーから更に山へ車で15分ほど登った所にあるそうです(U・ω・U)そこは家の前に池があって、かえるがぴょこんと顔を出してるとか。山の下を眺めながら窓辺で本を見たり、おやつでも出しながらゆっくり出来たらいいなー思って。という話をしてくれましたです。聞いてて、本好き友達の気持ちの感じのよいお家に遊びにいったような過ごし方が出来そうでワクワクしたですな。山の上の本屋さんの方にも行ってみたいなー。

四国旅マガジン GajA(ガジャ) No.61 四国のトリコ

四国旅マガジン GajA(ガジャ) No.61 四国のトリコ

 

実は本屋さんの方に行く前に高知の日曜市も見てきました。初めて行ったけど、普段見かけないような地のもの売ってる市で面白かった!!土佐刃物というのが有名なのか、刃物を販売してる出店も多かったです。

f:id:naef_spiele:20140914092807j:plain

f:id:naef_spiele:20140914094057j:plain

(U・ω・)地元でとれたフルーツ。あけび。

栗も売っている出店が多かったです。

f:id:naef_spiele:20140914093856j:plain

おもちやおまんじゅう、

f:id:naef_spiele:20140914093058j:plain

駄菓子の飴ちゃん(U・ω・)

f:id:naef_spiele:20140914094425j:plain

(U°ω°)なんとヤドカリ!!!(ペット用)

f:id:naef_spiele:20140914095214j:plain

(U・ω・)あとは骨董品売ってる店もありました。

f:id:naef_spiele:20140914094723j:plain

刃物屋さん。

f:id:naef_spiele:20140914095907j:plain

竹籠屋でカゴ背負うダンナ先生(U・ω・)

別のカゴ買ってました。

f:id:naef_spiele:20140916102122j:plain

骨董屋で売ってたイカス子供向け雑誌(U・ω・)

中味も濃くて面白かった!月刊誌だったみたいなんですけど、毎回各分野の専門家に編集任せてるし、写真も多くて表紙もリッチなので、今じゃこういった本は出せないでしょうなぁ。ちなみに婦人公論の出版社みたいです。今は科学雑誌自体作ってないみたいですな。

広告を非表示にする
www.flickr.com
_naef_'s items Go to _naef_'s photostream